So-net無料ブログ作成

芸術作品はそこにはなかった。 [にゅーす]



人それぞれの価値観があります。

そこに描かれているものが、芸術作品だったなんて…

それほどリアルな “ 汚れ ” 模様だったのでしょう。

少なくとも 清掃員は そこに存在するものを “ 汚れ ” と判断して拭き取ってしまった。

> 同広報によると、清掃員には展示作品からは20センチ以上、近づかないよう指示していたという。だが、模様を拭き取った清掃員が派遣元の清掃会社から、こうした指示を受けていたかどうかは不明だ。(c)AFP

清掃員は、芸術作品に近づいたつもりはなかったのかもしれない。

> 1997年に早世したキッペンベルガーの同作品は、細長い木の板を組み合わせた塔の下にゴムの容器が置かれたもの。容器には乾いた雨を象徴する薄茶色の模様が書かれていた。

いつものように、もくもくと毎日清掃の仕事をしている彼らは、

そこに “ 汚れ ” を発見したのだ。

模様を拭き取ったのも、

容器をピカピカに磨き上げてしまったのも、

そこに “ 汚れ ” があって、

ピカピカにしておくことが 当たり前のことだったのだ。

芸術作品など なかった。








… きっと。





>作品は同館が個人収集家から有償で借り受けていたものだった。

美術館ならではのリアリティーあふれるサービスの一つとして、

展示作品は、 そこに置かれていたのかもしれません。

借り受けていたものであるのに…

そうした貴重な展示作品であれば、

なおさら、

清掃員が触れてしまうような、

ほったらかしの状態にしておくのが不自然って気がします。

言っておいたら 誰も触れないでしょうか?

もし、清掃員が ルパン三世だったら ・・・ ?

貴重な作品は…どうなっていたでしょうか?

有償で借り受けていた作品は、こういう扱いをしているということ?


…なんだか そんなふうに思えてしまうのは、

どこか 心身のネジが外れてしまっているのでしょうか?





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。