So-net無料ブログ作成

ボーイング787型旅客機「ドリームライナー(Dreamliner)」の試験飛行実施 [にゅーす]



すでに伝えられているように、ボーイング787の改修型バッテリーを積んだ航空機の確認飛行を完了しています。

>全日空(ANA)は2013年4月28日、787のバッテリー改修を済ませた1番機の機体記号(レジ)「JA810A」を羽田空港から離陸させ、無事、羽田空港に戻りました。
(※ FlyTeamニュース より)

全日空(ANA)によれば、
2011/09 ANAへ1号機の引き渡しがあり、2011/10には成田-香港線チャーター便による営業運航を開始し、2011/11には羽田-岡山線、羽田-広島線を就航させます。
以後、2012/12に羽田-高松線を就航させ、ボーング787型機の定時発着率は、99%という実績を重ねていたのです。

日本航空(JAL)のボーイング787型機は2012/04/22から成田-ボストン線に就航させ、2013/01/07 バッテリー発火発煙事故を起こし、2013/01/09 ボストンで燃料漏れの事故を起こすことになるのです。

燃料漏れの事故の交信記録があります。
こういうのを聞いてしまうと、乗ってもいないないのに、まるでその場にいるような…って言ってしまうと、ちょっとアレですが(笑)、“とてつもない量の燃料が機体後部より漏れています!”って聞いているだけでも怖いものですね。


(※ YouTube 燃料漏れ事故 交信音声記録 JL7 より)

2013/01/16 には、山口宇部空港から羽田空港に向かっていた全日空(ANA)の692便ボーイング787型機が、飛行中にバッテリーに不具合が発生があり、高松空港に緊急着陸をすることになったのです。

航空会社は違っても、同じような時期に集中したかのように起きた事故…

何か共通点を見つけてくれと言ってるかのようです。

航空機のバッテリーは、どの程度で交換するのかわからないが、このボーイング787型機にはメインバッテリー(前方機器室)とAPUバッテリー(後方機器室)が搭載されるようになっています。

ANAのB787、昨年バッテリー10個交換の事実 2013年1月30日14時22分
(※ 朝日新聞DIGITAL)

この朝日新聞のニュースとかを考えれば、

>点検の結果、安全性に影響のある不具合は見つからなかったと判断し、当局には報告しなかったという。ANAの広報担当者が語った。

とされているが、バッテリーの発火発煙事故の兆候だった可能性もあったのではないか?

発火・発煙事故があるのに原因がわからないままである、というのも嬉しくない報告だ(>_<")

時間はかかっても徹底的に検証すべきである。



>全日空がボーイング787の試験飛行、両社役員も搭乗

2013年04月28日 13:38 発信地:東京

【4月28日 AFP】全日空(All Nippon Airways、ANA)は28日、米ボーイング(Boeing)の787型旅客機「ドリームライナー(Dreamliner)」の試験飛行を実施したと発表した。

 787型機はバッテリーの不具合のため、1月から世界で商業運航が停止されていた。前日の27日に、エチオピア航空(Ethiopian Airlines)が世界で初めて同型機の運航を再開していた。

 試験飛行するANAのB787型機はANAの伊東信一郎(Shinichiro Ito)取締役会長とボーイング民間航空機部門のレイモンド・コナー(Ray Conner)最高経営責任者(CEO)も乗せて同日午前、羽田空港(Haneda Airport)を離陸し、約2時間後の同11時ごろ同空港に着陸した。

 ANAは次世代航空機とされる787型機の保有数が世界最多。試験飛行にANAとボーイングの幹部が搭乗したことは、手痛い打撃となった緊急事態を早く終わらせたいという両社の考えを示している。(c)AFP



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
読売新聞ONLINEニュース よりお伝えします …

全日空、787型機の試験飛行…再開前倒しも
(2013年4月28日22時09分 読売新聞
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
Aviation Wire よりお伝えします …

全日空、5月に787臨時便検討 伊東会長「自信を持った段階で」6月定期便再開へ
2013年4月28日 21:53 JST
By Tadayuki YOSHIKAWA
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
全日本空輸 よりお伝えします …

ボーイング787型機 ANAからのお知らせ
2013年4月26日
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆







nice!(36)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 36

コメント 8

PATA

ご訪問とniceありがとうございます。
ボーイング今ではもう乗る機会はありませんが
乗れと言われたらちょっと怖い気もします。
by PATA (2013-04-29 16:37) 

yakko

こんばんは。お越し戴きアリガトウございます ♪
by yakko (2013-04-29 18:07) 

夏炉冬扇

今晩は。
787、しばらく飛んで安全見極めないと、乗る気分になりません。
by 夏炉冬扇 (2013-04-29 21:10) 

miyoko

危険性がのこっているものが上を飛ぶかもしれ
ないと思うと、やはり不安です。。徹底的に検証
して、危険がないようにしてほしいです。
by miyoko (2013-04-29 21:20) 

まあ

> PATA さん

こちらこそありがとうございます。
まだまだしばらく試験飛行は続きます。乗員をはじめ、航空会社の独自の安全対策も検証し、安全で安心した飛行ができるようでなければ航空会社そのものの危機に陥ります。
飛行機が飛ぶことに怖さはつきものですが(汗)、不安感さえ感じないような乗り物であってほしいと思います。
by まあ (2013-04-29 22:11) 

まあ

> yakko さん

こちらこそありがとうございます。
ニュースとかを取り上げたりしているのでご存知のことが多いかもしれませんが、気ままに立ち寄りください^^
by まあ (2013-04-29 22:16) 

まあ

> 夏炉冬扇 さん

もちろん、安全は何よりも優先されなければなりません。航空機だけでなく自動車も自転車も食品から大気というものまでホント何から何まで安全は大切なものですね。
人の命を預かる航空会社であればなおさらその大切さは、痛感しているのだろうと思います。
by まあ (2013-04-29 22:25) 

まあ

> miyoko さん

まぁ、航空機というものは、常に危険と隣合わせとも言われていますが、死者を含む事故となるとそれこそ航空機(旅客機)の事故率はおおむね100万回の飛行について1回以下なんだそうです。(※ AirSafe.com) 死者を含まないトラブルも加えると事故率はずいぶん高くなってしまいますが、それでもトラブルのないようにしっかり管理運営していってほしいですね。
by まあ (2013-04-30 01:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。